Tamago Studio Japan

絵本作家/イラストレーター。英語/日本語講師。化学物質過敏症のため自分のペースで作品作りをしています。家庭菜園、自然散策、ものづくりが好き。健康、食、教育、文学、詩、語学、家族の日常などの様々なことについて綴りながら、丁寧に生きることを心がけています。

【童謡】こぶたぬきつねこ

f:id:tamago_studio:20200802175857j:image

 

「こぶたぬきつねこ」

 

この童謡は山本 直純(やまもと なおずみ)氏が作詞・作曲した童謡の一つで、私の姪が最近よく口ずさんでいます。

とっても楽しい歌ですよね(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

作詞:山本直純   作曲:山本直純

こぶた(こぶた)

たぬき(たぬき)

きつね(きつね)

ねこ(ねこ)

 

こぶた(こぶた)

たぬき(たぬき)

きつね(きつね)

ねこ(ねこ)

 

こぶた(こぶた)

たぬき(たぬき)

きつね(きつね)

ねこ(ねこ)

 

ぶぶぶー(ぶぶぶー)

ぽんぽこぽん(ぽんぽこぽん)

こんこん(こんこん)

にゃーお(にゃーお)

 

ぶぶぶー(ぶぶぶー)

ぽんぽこぽん(ぽんぽこぽん)

こんこん(こんこん)

にゃーお(にゃーお)

 

おしまい(おしまい)

© 2020 KKBOX

 

山本直純氏について調べてみたら

父は作曲家で指揮者の山本直忠、

弟はパーカッション奏者の山本直喜と ファゴット奏者の山本直親、

妹はオルガン奏者の湯浅照子、

妻は作曲家の山本正美、

長男は作曲家山本純ノ介

次男はチェリストで指揮者山本祐ノ介...

 

という音楽一家でびっくりしました!

 

 

ところで、このタイトルは二か月以上前に下書きしていたものです。

 

ブログを書くことは私にとって日記の一部のようなもので、思い浮かんだことをメモして、常に10記事くらいの下書きをしています。

 

書くことをまとめているうちに「時期じゃないなー」と思って保留にすることがよくあります。

 

 

皆さんの日常生活で

 

いまだ!

 

または

 

時期じゃないなー!

 

って感じる出来事はありますか。

 

 

私は何かに迷った時、よく直感に従います。

 

失敗したり、上手くいかなかったり、思い通りの結果ではないことが起きたりしますが、それでもやっぱり直感に従ってよかったと思うことがたくさんあります。

 

先日、あることについてずっと考えながら何気なく

この童謡を聴いて

歌っている姪の姿を見ていて

ふと思いました。

 

 

そうか、

物事には今でも後でもいい。

っていうことがあるんだ。

 

だから

焦らない。

 

今が出来る時なら

今やるといい。

 

今が準備の時なら

出来る時が来た時にやるといい。

 

出来る時まで何もしないわけではなく、全力で準備をする。

 

 

 

大切なことはきっとまた

 

じゅんぐり

じゅんぐり

巡って来るのかもしれない...と。

 

こぶたから始まったら

「こぶたぬきつねこ」だけど

 

たぬきから始まったら

「たぬきつねこぶた」だし

 

きつねから始まったら

「きつねこぶたぬき」

 

ねこから始まったら

「ねこぶたぬきつね」

 

 

 

今やる。

 

今でないなら焦らず待つ。

 

時に身を任せる。

 

めぐってくるものを信じる。

 

めぐってきた時に全力でやる。

 

 

そうしていると

何かを始めるとき、何かに出会うときのタイミングがはっきりとわからない時でも、

 

その「時」のために「今」出来ることがあるのかなぁ...

 

そんなことについて考える今日この頃。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

たまご

 

 

Copyright ©Tamago Studio Japan All rights reserved.

プライバシーポリシー