Tamago Studio Japan

絵本作家/イラストレーター。英語/日本語講師。化学物質過敏症のため自分のペースで作品作りをしています。家庭菜園、自然散策、ものづくりが好き。健康、食、教育、文学、詩、語学、家族の日常などの様々なことについて綴りながら、丁寧に生きることを心がけています。

ラジオを始めた理由

f:id:tamago_studio:20210624083528j:image

 

たまごです。

こんばんは!

いつもお忙しいところご購読いただきありがとうございます。

 

朝顔と私の種*

最近、朝顔の小さな蔓の赤ちゃんが、グググーっと手を伸ばして支柱を掴み始めました。

 

この朝顔は、4月に姪っ子がくれた手紙に同封されていたものでした。

f:id:tamago_studio:20210624084401j:image

5月に種を植えたときには

f:id:tamago_studio:20210624084417j:image

まだ小さくて丸い殻に閉じこもったままだった朝顔

 

姪が手紙を書こうと思ってくれた時から、私が種を植えて、その芽が出て、蔓が伸びるまで、かなり時間がかかったと思います。

 

そのことを思ったとき

「時間がかかっても、作家という種を撒いた以上、私も成長し続けたいな」と思いました。

 

ところで、私の拙いラジオを聴いていただき、ご感想までいただき、大変嬉しく思います。

 

今日は、なぜ私がラジオを始めたのか、お伝えいたします。

 

*今と未来と向き合うラジオ*

私がラジオを始めた大きな理由は

私が作る物語を、伝えたい物語を、出版するよりももっと早く、手軽に届けられるからです。

 

ラジオの場合、私が収録したいときに収録したお話を、聴き手が聴きたいときに何度でも聴けます。

 

7、8分のラジオを一本投稿するためにまる1日かけても、ラジオをご視聴いただくだけでは (特定の条件を満たして収益化できるようにするまでは)、私に一銭も入らないですが、良いんです。

 

*作家と作品とお客様*

作家というものは、ほかの職業と同じように、厳しい評価がつきものだと思っています。

 

「どんなに良い作品を生み出したとしても、誰の目にも触れなければいつのまにか忘れ去られてしまう」

 

と言う以前

 

作家によっては、意欲がわかずに「作品自体作らなくなってしまう」気がします。(私の個人的な意見です)

 

はてなブログでスターを1つしかもらえない、または1つももらえない、なんていうのはまだ良い方だと思います。

(少なくとも読んでもらえるのなら…)

 

 

以前、シェフになりたかった友人がこう言っていました。

「料理人には鬱が多いんだってさ。

どんなに美しい盛り付けをしても、どんなに新鮮な食材を使っても、どんなに時間をかけて作ったとしても、どんなに評判が良い五つ星レストランでも、「そのお客様が求めるものは、いつも違うからね。」

 

誰の目にも触れない作品や

誰の口にも入らない料理より

 

いまはまず

 

誰かの目に触れる作品、

誰かの口に入る料理を目指そう!

 

と思います。

 

そのためには良い作品であるか面白くない作品であるかは別として、知ってもらい、目に触れて手に取ってもらうために、私の履歴書」にとって代わる「私の作品リスト」が必要、つまり数をこなすことが必要だと感じています。

 

*出版と購読との間に*

お話を作るのは私の趣味のようなものなので、見るものや聴くもの全てがアイデアとなって、毎日何十と絵本にしたい物語が頭に浮かんでくるのですが

 

そのアイデアの言葉一つひとつを調べ

言い回しが合っているか考え

差別用語などないか読み手を意識して

言葉を全て文字に起こし

 

情景を思い浮かべて、

挿絵を描いては消してを繰り返し

 

全体のバランスを考えながら

ページ数はどれくらいになるか

(飽きてしまわないボリュームか)確認し

 

ぽちぽちっとパソコンで出版…

 

となると

 

物語を想像するだけでなく、

事務的な作業や販売までの分析など

様々な工程を踏む必要があります。

 

前回の「10ぴきのりすとふわふわほっとけーき」のようにYouTube動画にして読み聞かせをするには、何時間、いえ、何日もの編集作業が必要になります。

 

出版から購読していただくまでの間に、時差があるので、その間に何も作品がなく、活動休止をしているように思われるよりも、毎日、私の声でお話するラジオを聴きながら、私の出版する作品を楽しみにお待ちいただけたら…と思います。

 

*身体と向き合い続ける*

ラジオを始めた別の理由は、

私の体調の問題。

 

私はもともと、仕事=会社勤めという考えでしたので、電車に揺られて通勤する生活を送っていました。

 

その後、化学物質過敏症の症状が悪化し、電車通勤だけでなく日常生活もままならなくなってしまったので(症状がひどいときには誰かの介助がなければならなくなったので)、泣く泣く、起業、自営という道を選ぶことになりました。

 

でも今振り返ると、過敏症になったおかげで「作家という未知の世界」に足を踏み入れたことは、私の人生の転機になった気がします。

 

この1年を通して

自分の知らなかった自分を知りました。

自分の長所と短所と向き合う機会が沢山できました。

自分の思いや作品を受け止めてくれる人がいることを知りました。

 

今は

「本が売れても売れなくても、他者と比べずに、まずは昨日の自分と戦い、昨日の自分よりも成長し続けて、持てる時間や能力の全てを使って、様々な機会を通して、「私が生きた証」を未来に残したい!そんな夢を抱き始めました。

 

*目と耳と*

ポコチャ Pococha、

(ライブ配信でリスナーからお題をもらう即興お話作り)

Twitter&Instagram

(「たまご」「りいたん」それぞれ2アカウントずつ、計4アカウント)

YouTube

(活動休止中ですが7チャンネル)

はてなブログとnote、

(最近は主に雑記)

 

そしてstand.fmを始めた私は

1日24時間だということを忘れかけている今日この頃。

 

SNSの運用の他に、朝6:30から姪っ子とFaceTime勉強会をしたり、絵本作家とは別に講師としての仕事をしたりしていると、オンラインで1日中画面を見続けるため、ここ数週間ずっと目の奥が刺されるように痛く、ブログやnoteなどの長文を書いたり読んだりメールをしたりする時間を、目を休める時間に当てようかと思い始めました。(歩いている時間さえ、目をつぶっていたいと思うのです😅)

 

これが(目が痛くても、目を閉じたままお話を収録できて、皆さんと繋がっていられるので)、私がラジオを始めた別の理由でもあります。

 

*最後に*

皆さんの記事をなかなか拝読できず申し訳ございません。

 

私が書く記事を読むための、皆さんの貴重な時間のことを思うと、更新して良いものか…?と思う日もあります。

 

昨日一昨日のような中身のない雑記投稿になってしまうと申し訳ないので、今後は、「読み応えある記事だった!」と思っていただけるようにある程度まとめたものを気まぐれに投稿させていただきます🙇🏻‍♀️

 

あ、今日も即興でお話をラジオ収録しました。

第5回は「1まいのぎんかととくべつなウソ」です。

お話5*「1まいのぎんかととくべつなウソ」作・りいたん - りいたんのおはなし | stand.fm

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

良い夜をお過ごし下さい。

たまご

 

#絵本作家

#絵本

#即興お話

 

第四回 ラジオで即興お話「まっくらむらとカーテン」

こんにちは!たまごです。

 

今日も即興お話をstand.fm(ラジオ)に収録しました。詳細はこちら📻

「まっくらむらとカーテン」

作・りいたん(たまご)

お話4*「まっくらむらとカーテン」作・りいたん - りいたんのおはなし | stand.fm

 

今回のお話も、今年4月1日に姪っ子へ作った即興お話を作り直して収録しました。

元は「ふしぎなカーテンと太陽」というタイトルだったのですが、録音していなかったのでどんなお話を作ったか思い出せず…「カーテン」をヒントに即興し直しました😊

 

皆さんはどんなお話が好きですか。

お題/テーマがあればお作りしますのでお知らせ下さいませ🎶

 

それでは、良い一日をお過ごし下さい😊

 

たまご


#絵本作家

#絵本

#即興創作物語

#読み聞かせ

#stand_fm

f:id:tamago_studio:20210623123548j:image

第三回 ラジオで即興お話「紙コップこぷこぽさん」

こんばんは!たまごです。

皆さんの温かいメッセージやスターにいつも感謝しています!ありがとうございます🥰

 

遅くなりましたが本日のお話、ラジオに収録しました🌺

拙い即興お話ですが、トラックや救急車の音などを消しつつ、50回くらい録り直したので、お楽しみいただけたら嬉しいです😅

お話3*「紙コップこぷこぽさん」作・りいたん - りいたんのおはなし | stand.fm

 

SNSで「絵本作家」とプロフィールに書くと、

 

たくさんの書籍を出版している有名な作家の方々を思い浮かべる方が多いので

 

「本当に本出してるの?どこにあるの?見せてよ。読み聞かせしてよ。」と

質問攻めに合うことが最近増えてきました。

 

私はこれからも、細々と自分のペースで出版をしていきたいと思います。

 

いつも温かく見守っていただきありがとうございます🥰

 

おやすみなさい🌙

 

たまご

 

 

f:id:tamago_studio:20210622220148j:image

第二回 ラジオで即興お話「フラフープパンケーキフリスビー」

こんにちは!たまごです。

今日のお天気は晴れでしょうか。

それとも雨でしょうか。

 

今日の「ラジオで即興お話」は今年4月1日に、姪っ子とFaceTimeをした時に作ったお話を参考にしました。

 

最近は録音をしながら即興お話を作るようにしているのですが、始めた頃はタイトルしかメモしていなかったので、ラジオを収録しながら即興し直しました😓

 

楽しんでいただけたら嬉しいです😊

お話2*「フラフープパンケーキフリスビー」作・りいたん - りいたんのおはなし | stand.fm

今日も良い一日をお過ごし下さい。

 

たまご

 

f:id:tamago_studio:20210621114145j:image

土曜ラジオは童謡でどうよう?

たまごです。

寒いダジャレではじめてすみません。

童謡でどうよう?(笑)

 

ということで、こんにちは🕊

いかがお過ごしでしょうか。

土曜は歌を歌う日にしました。


第一回目の歌は童謡「あめふりくまのこ」です。

童謡♪「あめふりくまのこ」鶴見正夫作詞・湯山昭作曲(うた・りいたん) - りいたんのおはなし | stand.fm

皆さんの好きな童謡はなんですか。

 

良い一日をお過ごし下さい😊

たまご

#たまごスタジオ

#tamago_studio

#あめふりくまのこ
#童謡
#stand_fm
#絵本作家
#うた

f:id:tamago_studio:20210619105548j:image

ラジオ番組始めました@stand.fm

こんにちは!たまごです😊

 

ご無沙汰しております。

 

このはてなブログは残しておきますが

stand.fm(ラジオ番組)、note、pococha(ライブ配信)等では名前を改めまして「絵本作家りいたん」として活動をしております。

詳しくはhttps://linktr.ee/storybook_sukiにて。

 

ラジオ(stand.fm)では

平日朝はお話、週末は歌を歌う予定です。

第一回のお話はこちら↓

https://stand.fm/episodes/60cbf050efc85e000685c4cd

 

今後とも宜しくお願いいたします。

良い一日をお過ごし下さい😊

たまご

f:id:tamago_studio:20210618104720j:image

 

なんとなくに従う 〜散歩道の不思議なできごと〜

こんにちは!たまごです。

皆さんの温かいメッセージにいつも励まされています。心から感謝しています!

 

先日、不思議なことがありました。

体調を整えるために、いつものお散歩に出かけようとしたのですが、何か忘れ物をしている気がして、家を出てすぐに戻ると良いと感じました。

 

戻ったものの、何を忘れたのかを忘れて、せっかく戻ったのだから…と、食いしん坊な私は、お散歩中につまめるように小さな小袋に入ったクッキーをいくつか持って出かけました。

 

その日は、違う景色、違う花を見たいと思った私は、いつもと違う道を歩いて行きました。

f:id:tamago_studio:20210609102146j:image

(ライラック↑何年かぶりに見たライラックは「おかえり」とでも言うかのように、美しく咲いていました。)

 

私は、空や木、草花の写真を撮りながら、普通に歩けば10分ほどの道のりを30分以上かけてゆっくり歩きました。

 

しばらく行くと、ある、知り合いの方(私が体調が悪かったときにお料理を届けてくださった優しい方)の家が目に入ってきました。

 

私はお料理は持ち合わせていなかったものの、「クッキーがあるゾ!」と思い、郵便ポストにそっと入れて帰ろうとしました。

 

玄関に近づくと、なんとその方が買い物に出かけようと出てきたではありませんか!お互いにびっくりしました。

 

クッキーを郵便ポストに入れるのも、彼女が家を出るのも、ほんの一瞬のこと。数秒でもタイミングがズレていたらお互いに会っていなかったのでした。

 

そのあと、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ…ではなくて、彼女は買い物へ、私はお散歩の続きへ。

 

その日はとても天気が良かったので、ゆっくり4時間ほどかけて散歩をしました。

 

せっかくだから!と、最後の最後までいつもと違う道を行き、冒険しているつもりでワクワクしながら帰ろうとしました。

 

信号が赤になったので、止まって一呼吸していたら、なんと、信号の向かいにまた彼女がいました。お互いにびっくりして、信号の端と端で、ちょっと照れ笑いをしました。

 

彼女は「まだお散歩してたの?」

と笑いながら言いました。

 

もしも、忘れ物をしていなければ

もしも、いつもの道を歩いていれば…

 

私はその日の夕方、「もしも」をじっくり考えながら帰りました。

 

皆さんに出会えたのも、ご縁だと思います。出会いに感謝😊ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

良い一日をお過ごし下さい。

たまご

 

追伸:いつもコメントを楽しみに拝読しています。ありがとうございます。

ラジオ番組、検討中です。

これからも私のペースで、挑戦し続けます(๑・̑◡・̑๑)

 

 

Copyright ©Tamago Studio Japan All rights reserved.

プライバシーポリシー